ホーム > 社会への取り組み > 一般事業主行動計画

第一交通産業株式会社 行動計画
(次世代法・女性活躍推進法 一体型)

目標1:2025年度末までに、女性役職者の人数を2019年度比1.5倍にする。

<対策>
2020年4月~
・女性社員のキャリア形成を支援し、ライフイベントを越えて活躍し続けることが出来るよう支援する。
・研修等を通じて、男女ともにキャリア形成を目指すことを重視するマネジメント意識を向上させる。

目標2:月平均残業時間数を10時間以内にする。

<対策>
2020年4月~
・業務の効率化、人員の適正化を図り、所定時間外労働の削減する。
・RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)等による業務の自動化を図り、労働者の負担を減らしていく。

目標3:職場と家庭の両方において男女がともに貢献できる職場風土づくりを行う。

<対策>
2020年4月~
・介護及び子の中学校始期までの短時間勤務制度や時差出勤制度や育児時間の制度につき、社員へ周知を図り、利用促進を図る。
・時間単位、半日単位等の有給休暇取得につき、社内研修やイントラネット上で社内周知を図り、働きやすい環境整備を実施する。
・男性社員の育児休暇取得を促進する為の取組を検討する。

【その他女性の活躍に関する情報公表】

・労働者に占める女性労働者の割合  321名(男性162名、女性159名)
・男女の平均勤続勤務年数       男性10.3年、女性8.2年