ホーム > 社会への取り組み > 環境への取り組み

環境への取り組み

RHYBRID車の導入

 HVタクシー(ガソリン+電気のハイブリッド車)に専用キットによる改造でLPG燃料タンクを追加するなどにより、LPGを使用できる車両(リアルハイブリッドシステム車)を平成24年03月22日より北九州市内に導入。
 LPGを併用する事で、発進時や急加速時はガソリンと電気、それ以外はLPGと電気で走る事により、ガソリン使用時に比べCO2排出量は12%~15%程度抑制され、人体に有害なPM(浮遊粒子状物質)や黒鉛はほとんど排出せず、NOx(窒素酸化物)の排出も極わずかとなります。

ハイブリッド車の導入

 環境配慮と燃料費の削減を目的に一部エリアにおいて2009年秋にハイブリット車を導入。
 二酸化炭素排出量の削減と燃料費の削減に加え、走行中の車内外の静かさも好評です。今後、導入効果を総合的に検証した結果により、導入台数やエリアの拡大も検討しております。

電気自動車の導入

 二酸化炭素を排出せず、環境対応を強化する電気自動車を2010年秋に第一交通産業グループは導入。車種は「日産リーフ」を使用。
 リチウムイオン電池とモーターを搭載し、1回の充電で160キロ以上走行。最高時速は140キロ以上。充電は急速充電器で30分かかります。