教育・研修

安全への取り組み(日々の取り組み)

点呼におけるアルコールチェック・免許証保持チェック徹底

アルコールチェック

全事業所で点呼時のアルコールチェックを徹底し、飲酒運転を絶対に許さない社内風紀づくりに務めています。

免許証保持チェック その1
免許証保持チェック その2

点呼時の免許証チェックを徹底し、運転免許証の不携帯、うっかり失効の防止に努めています。

点呼(朝)
点呼(夕方)

朝夕の点呼では天候や道路状況等の運行指示の伝達を行っています。すべては事故を発生させないため、日々の継続が欠かせません。

安全研修

安全研修

定期的に安全研修を実施し、安全意識の継続的な高揚を図っています。

所轄警察のご協力

所轄警察にご協力いただき、マンネリ化しないよう様々な角度から事故防止を行っています。

危険予知トレーニング

出庫前にKYT(危険予知トレーニング)を実施することにより、日々乗務員の安全意識を高めています。

QCサークル活動

QCサークル活動 その1
QCサークル活動 その2

QCサークル活動では、いつも熱い討論が展開されます。参加者が真剣に考え、気付きを実感できるような参加型研修を行なっています。

添乗指導

添乗指導

新人や事故発生者に対し、添乗指導教育を実施して運転マナーの向上に努めています。

適性診断に基づく指導

適性診断に基づく指導

適性診断結果に基づく指導を行い、自分の運転特性を理解させるよう努めています。

ナスバネット

ナスバネットを導入し、営業所で適性診断受信できる体制を築いています。

車庫内での研修(車間距離意識づけ)

車庫内にラインを引いて明示
40km/hでの停止距離

車庫内に時速40キロ時の停止距離を明示し、車間距離の大切さを視覚に訴え教育しています

制動距離
空走距離
適正な車間距離が最も大切
研修風景

適正な車間距離が最も大切であることを全従業員に理解徹底させています。

信号待ちでの車間距離研修 その1
信号待ちでの車間距離研修 その2

信号待ちでは、前の車のタイヤが見える位置に停止する癖を付け、車間距離感覚を養っています。

安全への取り組み(年間行事)

3月
年間表彰(個人・事業所)
新年安全重点目標の設定
4月頃
全国安全担当者会議
4月 - 5月
春の交通安全運動
7月 - 8月
夏の無事故チャレンジ
全国からポスターを募集し優秀作品を翌年のカレンダーに掲載。
9月
秋の交通安全運動
12月 - 1月
年末年始の交通事故撲滅キャンペーン
^