輸送の安全のための措置

ドライブレコーダーの導入

第一交通産業グループでは交通事故の予防、乗務員の運転・接客マナーの向上、防犯のために、全国のタクシー・バスにドライブレコーダーを順次導入しています。

ドライブレコーダー

ドライブレコーダーの導入実績

平成26年度
全国のタクシー・バスにドライブレコーダー1,444台を導入
全国導入率:35.8%
平成27年度
全国のタクシー・バスにドライブレコーダー3,236台を導入
全国導入率:61.9%
平成28年度
全国のタクシー・バスにドライブレコーダー1,283台を導入
全国導入率:72.5%
平成29年度
全国のタクシー・バスにドライブレコーダー1,155台を導入
全国導入率:82.6%
平成30年度予定
全国のタクシー・バスにドライブレコーダー1,000台を導入予定
ドライブレコーダーの導入台数推移
ドライブレコーダーの導入台数推移

衝突警報装置の導入

第一交通産業グループでは、追突や車線逸脱による交通事故を防ぐため、全国のタクシーに衝突警報装置を順次導入しています。

衝突警報装置

衝突警報装置のの導入実績

平成28年度
福岡地区のタクシーに衝突警報装置369台を導入
平成29年度
北九州地区、北海道地区のタクシーに衝突警報装置372台を導入
平成30年度予定
都市部を中心に衝突警報装置500台を導入予定

その他の措置

平成28年9月29日

弊社グループの那覇バス(株)及び(株)琉球バス交通において、貸切バス事業所安全性評価認定制度において三ツ星に認定されました。

安全性評価認定 三ツ星 - SAFETY BUS

このマークは、安全へ真摯に取り組み、厳しい条件をクリアしたバス会社に与えられる、信頼のシンボルマークです。貸切バスの安全に対する取組を証明するマークですので、バス会社を安心して選択していただく指標になります。

平成29年4月

第一交通安全運転12箇条制定

第一交通安全運転12箇条
平成29年8月

損保ジャパン日本興亜、アクセンチュアと自動車事故防止のための共同研究をスタート

自動車事故防止のための共同研究
平成30年秋
本社部門及び沖縄の那覇バス、琉球バスにおいていISO39001の認証取得予定
^