ホーム > 乗合事業

乗合事業

第一交通のおでかけ乗合タクシー

高齢者の元気な町へ

交通空白地域・不便地域での移動困難者の外出を支援

国の助成制度でお手伝いできます

乗合事業ですので、運賃は100円〜300円程度の設定になります。運賃だけでは採算がとれませんので自治体からの補助が必要です。
一方、過疎地域等におけるバスやデマンドタクシーの運行に関して、国の補助制度「地域公共交通確保維持改善事業費補助金」がございます。この補助金を活用することにより乗合タクシーの運行を行えることもあります。

乗合申請までの流れ

乗合申請は、基本的に道路運送法第4条に基づいて行います。
しかし、試験運行の場合は、4条ではなく21条に基づいて行う場合もあります。

運行形態

  • 路線定期運行
    運行経路・時刻・乗降場所が決められ、停留所も設置されます。
    乗客がいない場合も運行します。
  • 路線不定期運行
    運行経路・時刻・乗降場所が決められ、停留所も設置されます。
    しかし、事前予約制であり、乗客がいない場合は運行しません。
  • 区域運行
    一般的に、デマンドバスと呼ばれるものです。
    運行区域は、A地区〜B地区となり、この区域内であれば乗降はフリーです。
    運行時間は決まっています。
    事前予約制であり、予約がない場合は運行しないのが一般的です。

実施期間

これらのような乗合申請の場合、試験運行を行う場合が多く見られます。
試験運行の期間は、6ヶ月〜1年間が一般的です。試験運行を数回繰り返しながら、運行経路や時刻の改善を行います。試験運行の結果を見て本運行の決定がなされます。

その都度運輸局への申請や届出が必要です。

38市町村、 122路線で運行中!

※平成28年11月30日現在