創業者略歴

創業者会長黒土始

黒土始 略歴

第一交通産業グループ総合本社
第一交通産業株式会社 代表取締役創業者会長
黒土 始 Kurotsuchi Hajime

最終学歴

昭和16年12月
大分高等商業学校(現 大分大学経済学部)徴兵のため中退

職歴

昭和35年6月
第一タクシー有限会社設立 代表取締役社長
昭和39年9月
第一通産株式会社設立 代表取締役社長
平成5年4月
第一交通産業株式会社に商号変更
平成13年6月
同 代表取締役会長
平成27年11月
同 取締役創業者名誉会長
平成29年7月
同 代表取締役創業者会長(現任)

賞罰

昭和43年6月
九州電波監理局長よりタクシー無線及び電波行政への協力表彰 受賞
昭和56年8月
紺綬褒章 受章
昭和57年11月
福岡国税局局長より申告納税制度の普及発展の功績表彰 受賞
昭和58年4月
藍綬褒章 受章
平成4年4月
勲四等瑞宝章 受章
平成10年6月
郵政大臣表彰 受賞
平成13年4月
2000年度九州・山口経営者表彰 受賞
平成25年4月
旭日中授章 受章
平成30年9月
紺綬褒章 受章
令和元年9月
大分大学名誉博士称号 受称

公職

昭和51年11月
小倉優良申告法人会 会長
平成5年5月
社団法人全国乗用自動車連合会 理事兼副会長
(現 一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会 相談役)
平成9年5月
公益社団法人 小倉法人会 相談役
平成13年11月
北九州商工会議所 相談役
平成20年5月
一般社団法人 九州タクシー無線協会 顧問
平成24年6月
一般社団法人 全国自動車無線連合会 顧問

挨拶

社会は確実に、モノの時代からココロの時代に移行しています。第一交通産業を中心にした第一交通産業グループは、昭和35年の創業以来、人とともに地域とともに歩み、社会に貢献する企業体として発展してきました。

そしていま、生活環境快適化産業として、「人の生活を大切にする」という原点を念頭に置きながら、真のアメニティを追求するために、多方面な事業に領域を拡大しています。

事業内容も、旅客運送事業を核としながら、不動産関連事業が飛躍的に成長しており、ファイナンス事業や自動車関連事業なども着実な進展をみせています。

私自身、企業人である前に、地域社会人でありたいと常に考えてきました。世の中のお役に立つことこそが、私たちのアイデンティティー(存在理由)であると確信しています。一人ひとりの人のために、私たちのできることは何か。いつも自らに問いかけています。

それらを実践するためには、中・長期的に安定して成長する産業でなければなりません。お客様の幸せと、社員の幸せを両立させながら、時代のニーズに対応し、地域社会からの信頼と期待を担っていきたいと考えています。

地域の繁栄は、私たちの繁栄でもあります。「人」にいちばん近いところで、グループの総合力を発揮していきたいと思います。

エクセレントカンパニーとして、地域の快適環境を創造する第一交通グループに、ご期待とご支援をいただきますようお願いいたします。

^